府中市郷土の森博物館

ぐるっとパスを買ったので、2カ月間に及ぶ博物館強化期間に突入。



◆府中市郷土の森博物館
一度行ってるが一部しか見てないのでリベンジ。

自転車で行ったのだが、時間を見積もり損なって開場50分前に到着…
まわりをブラブラ走って時間つぶし。

博物館入場料:\200
プラネタリウム観覧料:\400
が無料で入場。



まずは常設展示から。
地元、府中の歴史についての展示。
・多摩川が造った段丘地“ハケ”
・多摩地域の古墳、遺跡
・古代武蔵野国の中心都市、国府
・甲州街道宿場町としての府中
・古民具や農具の展示
etc,etc…
実物や模型が多めで、解説文がワリとコンパクトで分かりやすい。

展示室片側の壁面には児童向けの簡易解説・展示が。
要点がまとまっているので、大人でも最初にコッチを見学するのもイイ。



ココは展示室だけでなく、広い公園もあるフィールド型博物館。
園内ゾーンを散策。

府中市内の古い建物を10軒ばかり移築・再現している。
郷土の森博物館_再現
その1つ『旧島田家住宅』
街道筋にあった、明治期の店で蔵造り。

左官道具 左官_パネル展示
中は左官作業の解説展示コーナーが。
昔の技術を忠実に再現した、凄い手間だ。
左官実物
壁の多重構造、これは分かりやすい。

虹
お天気ピーカン、噴水に虹がかかる。
郷土の森_1
コスモス綺麗だねぇ、ほんわかするよ。
恐竜
だしぬけに、こんなのが居るから油断ならない。



〆はプラネタリウム。
前半の夜空投影はどうしても寝てしまう。
どーにかならないモノか。
後半のプログラム「最後の恐竜 ティラン」は、あらすじで予想したまんまの内容でチョット物足りない…



展示は地元密着で分かりやすいし、屋外は広場もあってキャッチボールをしている親子がいたり。
季節季節で草木が色々な表情を見せてくれそう。
入場料も基本\200と安いから気軽に足を運べる。
市民の憩いの場、としての役割も充分果たしてるんじゃないかな。
大変感心した博物館だった。

見学時間:4時間40分(昼食含む)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック