スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本科学未来館(テオ・ヤンセン展)

ぐるっとパスの有効期限も残りわずか。
行きたいのは、スタンプラリーで未だ押印してない臨海エリア or 両国エリアの二択。

今日は、割引金額の大きい臨海エリアへGO



◆テオ・ヤンセン展@日本科学未来館

開館時間に合わせて行ったけど…
科学未来館_入場待ち
100人くらい並んでる!

特別展示のテオ・ヤンセン展のせいかな?
チケット購入に15分並んだぞ…

科学未来館_チケット
ぐるっとパスを利用して、常設展示の入館料\600が無料に。
(テオ・ヤンセン展は別途\1200)

チケット列で待機してるとき、後ろのオサーンが
「なぁ~にが“新しい命の形”だ。モダンアートじゃね~か。美術館でやりゃぁイイのに!」
などと声高にまくしたてるので、テンションダウン。

ワカランでもないが、も少し場所を考えて…



特別展示スペースの入り口脇に、手で押せるデモ機が。
ビーチアニマル_体験
関節イッパイだけど、チカラを入れなくてもスムーズに動く。凄い!

展示会場にはビーチアニマルの実機と解説パネル。
テオヤンセン_展示イメージ
パネルにはモニターで実際に動いてる映像が流れてる。

「生命」とか「進化」なんて言葉が並んでいて、さっきのオジサンじゃないがチョッピリしゃらくさい。

素材はビニールパイプだけじゃなく、板っきれのヤツもいた。
ビーチアニマル_板
なんか装甲車みたいでカッコイイな。

デモンストレーションコーナー。
ビーチアニマル_デモ
このゴツイのが蟹歩きで動く。
会場は強い風を起こせないので、スタッフの手押しだったが。

コイツの凄いのは感覚器を持っていること。
ビーチアニマル_触覚センサー
体側から突き出した触角が障害物にふれる(スイッチが押される)と歩く方向を反対にする。

尻尾のセンサーが水に触れても、歩きを反転させる。
ビーチアニマル_水センサー

これらの触覚を備えた事で、砂浜を障害物にぶつからず、海に溺れることもなく歩き続ける事ができる。
ただのパイプの集合と思いきやナカナカ凄いぞ。



◆常設展示
常設展示をぶらり。
夏コミのついでに一度見たけど、全然回りきれなかった。

3F展示室に入ると、お出迎え。
科学未来館_エンジン
H-Ⅱロケットのエンジン。
コレ、同じのがJAXAiにもあった気がする。

深海探査艇“しんかい6500”の実物大模型。
科学未来館_しんかい6500
中にも入れちゃう。
科学未来館_しんかい6500内部
このスペースに3人、けっこう窮屈だ。
Stop the オナラ!No more 喧嘩!

国際宇宙ステーションの居住棟。
ISS_居住棟
床が少し斜めなのは、平衡感覚を少し狂わせて宇宙気分を演出すため、とか。
ISS_トイレ
宇宙船のトイレ。
吸盤をあてがって、用を足す。
子供の頃、学習マンガで読んだ実物が目の前に!
ちょっと感動。

プラネタリウムも見たけど、半分以寝てしまった…
不可抗力だよね!
ほかの人も「寝ちゃった。テヘッ☆」とか言ってたし!

時間があまり無いので、退場。
またしても全部見られなかった…

おみやげ購入。
テオヤンセン_クリアファイル
いつもと同じ、クリアファイル。
ってか、本当は常設展示の図録が欲しいんだけど、手頃なのが無い…

見学時間:約180分
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。