両国花火資料館と旧安田庭園

江戸東京博物館の続き。



◆両国花火資料館
相撲で有名な回向院のお隣さん、ビルの脇をチョイと入ると両国花火資料館
花火資料館
花火の構造・仕組みや、両国花火の歴史を学べる。
入場無料。

館そのものは広くないが、色々な資料が展示されてる。

基礎知識、花火の種類。
花火資料館_展示2

ポスター・チラシで見る、両国花火大会の歴史。
花火資料館_展示1

打上筒の実物。
花火資料館_打上筒
尺玉(10号玉)の打上筒。
高さ163cm、人の背丈ほどもあるね。

花火玉の断面。
花火資料館_玉断面1
花火の形って、仕込みの形がそのまま空で展開されるそうで。
花火資料館_玉断面2
例えば、こんな某ネコ型なんぞは、打ち上げても爆発時に玉が逆さだと顔も逆さに。
キレイな花火は玉だけでなく、打上のテクも凄い重要。

超弩級サイズ、二尺玉!
花火資料館_二尺玉
このサイズ、打ち上げられるのは秋田・大曲の花火大会くらいしか無いらしい。

解説員(?)のオジサンに色々と話を聞く。
最初は花火の話だったんだけど、スカイツリーや隅田川の話で盛り上がる。
オジサン、スカイツリーの定点写真撮影を続けてるみたいで、写真が飾ってあった。
花火の話より、スカイツリーの話の方が長かったぞw 面白かったけど。

展示を見るより、解説を聞く、って感じの資料館だった。



◆旧安田庭園
花火資料館から国技館を挟んだ反対側にある、旧安田庭園まで足を延ばす。
旧安田庭園_入り口
入園無料。

元々どこぞの大名屋敷だったのを安田財閥が購入、後に東京市に寄贈したらしい。
旧安田庭園_1
この池は隅田川の水を引いており、潮の道引きで水位が変わるらしい。
そんな事ができるのか、凄いね。
でも、今は川と繋がってはいないみたい。ガックシ

東京スカイツリーが大きく見える。
旧安田庭園_2

園内にドーム状の建物が。
旧安田庭園_3
両国公会堂と言うらしい。プラネタリプムかと思った…
味わい深い佇まいで素敵。

お稲荷さん発見。
旧安田庭園_稲荷1
一応、手を合わせておいた。なむなむ…
旧安田庭園_稲荷2
狛犬の口の周りが黄色い。
好物はゆで卵に違いない。

周りは閑静な住宅街、静かに時間が流れていく。
あまり広くないので、お手軽。
近所に住んでたら、お散歩コース確実ね。

散策時間:約25分





いつか食べたい、ちゃんこ鍋。
ちゃんこ霧島

コッチも気になるね。
ワールドちゃんこ朝青龍
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック