スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京たてもの園、その2

江戸東京たてもの園の続き。


旧自証院霊屋(1652年・慶安5年)
たてもの園_旧自証院霊屋1
三代将軍徳川家光の側室を祀ったお堂。
たてもの園_旧自証院霊屋2
何様式と言うのか分からないけど、こういうオリエンタルな装飾大好き。
眼つきがイヤラシイ! ><


屋台があって、呼び止められた。
「すいとん、暖かいよ!」
たてもの園_すいとん
外を歩いているので体は冷えてる、超旨そう。
鰯のハンペンを50円引きしてくれと言うので追加。
そしたら、おまけでチヂミまでくれた。1つの器に…
おいしかった。


武居三省堂(昭和2年)
たてもの園_三省堂1
ジブリアニメ「千と千尋の神隠し」にこんな画↓があった気がする。
たてもの園_三省堂2
釜爺(蜘蛛っぽいジゼル)が薬湯を調合すると時、こんな棚から薬を出してたな。
たてもの園_三省堂3
ここは文具店なので、中には筆が納まっている。


休憩棟。移築・再現建築物ではない。
たてもの園_店蔵型休憩棟
武蔵野うどん、なるものを食べる。
たてもの園_武蔵野うどん
美味しいよ、でも普通のうどんだ。


子宝湯(昭和4年)
子宝湯
これも「千と千尋の神隠し」でモデルにされてる。
詳しくはwiki先生に訊いてみようね!
子宝湯_軒下
落ち着いた外観のようだが、鷹と七福神の彫刻があしらわれている。
ワンポイントのオシャレ。


村上精華堂(昭和3)
たてもの園_村上精華堂1
柱が大変特徴的。
たてもの園_村上精華堂2
この柱は「イオニア式」と言うらしい。
コレ「土偶っぽい顔が並んでる」って思うと、凄い怖いぞ。


上野消防署(旧下谷消防署)望楼上部(大正14年)
たてもの園_櫓上部
火の見櫓のテッペン。
おしゃまさん(@ムーミン)の家って、こんなだったよね?


万世橋交番(明治後期)
たてもの園_万世橋交番
帽子をかぶった、おまわりさんの顔に見える。


皇居正門石橋電飾電燈(明治20年代)
たてもの園_電燈1
皇居にあっただけあって、凄い装飾。美しい。
たてもの園_電燈2
ライオンがイケメン過ぎて切ない。


おみやげにガイドブックを購入。
たてもの園_図録
一般的な解説だけじゃなく建築的なポイント、用語解説もあってかなりレベル高い。
これはお買い得だ、ウヒョー!


展示ボリュームはかなりのもので、見ごたえ抜群。
そして解説ボランティアの方が各展示に配置されており、気さくに解説・説明してくれる。
展示だけでなく、伝統工芸の実演や昔遊び体験会等、イベントも多い。
見学者を呼ぼうという姿勢がよく見るし、好感が持てる。
大変面白かった。


見学時間:約220分
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。