東京農業大学「食と農」の博物館

ちょっと自転車に乗って、小田急線の経堂まで行ってきた。
前から一度行ってみたいと思っていた香草貪りスポット「パクチーハウス」の場所を確認。
今回は場所の確認だけで食事はしなかったけど、行き方もバッチリ覚えたぞ。
家から約45分くらいで着くだろうか。電車だと乗り換えが二回、これなら自転車でも大して時間に差は無い。

でも自転車だと飲めないし、飲まなくても夜の運転は避けたいし…
結局、行くなら電車じゃないですかー。やだー、んもー!

パクチーハウス東京
http://paxihouse.com/tokyo/



帰り道、途中にある博物館を覗いてきた。



◆東京農業大学「食と農」の博物館

食農博_外観
04年に開館した新しい博物館。外観もモダンね。

出入り口の脇にチャボを飼ってるケージが。
食農博_鶏舎 食農博_チャボ
チャボなんて珍しくもない気がするんだけど、見るのは久しぶりだな。
改めて見ると、鶏カワイイね。

入ってすぐ、やっぱりやってた兎の企画展示。干支にちなんだ展示はあちこちでやってるなぁ。
で、気になったのはコレ。
食農博_兎
セーラームーンはウサギ関連のキャラクターじゃあないと思いますが!
これは明らかに誘っているので、声を大にしてツッコミを入れるのが優しさだと思うの(笑)

あまり時間に余裕が無いので、残りはザックリ雰囲気を掴む程度に回った。

「稲に聞く」展示コーナー。
食農博_米

卒業生の蔵元紹介。
食農博_蔵元紹介

鶏剥製コレクション。
食農博_鶏剥製

併設されている動植物園には連絡通路で行ける。
食農博_バイオリウム1

中南米やアフリカ、熱帯の植物がいっぱい。
食農博_バイオリウム2

マダガスカルの原猿類、レムールが数種類。
食農博_レムール
耳を聾せんばかりの鳴声大合唱で歓迎頂いた。

イエメンの固有種、エボシカメレオン。確かに烏帽子っぽい?
食農博_カメレオン
思いの外ぬるぬる動き続けるので、見ていて飽きない。

喫茶コーナーでおやつ。
食農博_おやつ
モンブランとカムカムジュース。

おみやげにチーズケーキを購入。
食農博_おみやげ1
東京農業大学と言えば、大根踊り。
だからケーキも大根の形。
食農博_おみやげ2
帰宅後食べたけど、美味しい。流石に大根は入ってないらしい(笑)

実は一番人気説もある展示、入口脇のトラクター。
食農博_トラクター
大人も子供も、結構乗る人が多い。

在場時間:約70分



「ザックリと~」なんて言いながらも、写真撮ったりして結構時間掛かってる。
次はお隣さんの馬事公苑も一緒に、ジックリ見学したいなぁ。
馬事公苑
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

チャボ : 2012/02/04 (土) 16:16:22

動物たちはみんな元気です。
クリオネもおりますので是非ブログに!
またのお越しをお待ち申し上げております。

管理人のみ通知 :

トラックバック