泥鰌と鯰

空と宇宙展の続き。



西浅草「飯田屋」で念願のナマズを食する事になった。
ナマズは秋山小兵衛(@剣客商売、池波正太郎著)が作中で「食べ過ぎてお腹壊す」描写を読んで以来、一度食してみたいと思っていた。何年来の思いだろう。

調べてみたらナマズ鍋はブツ切を煮込むのだが、一人で食べるには顔がチョット怖い。そこで、twitter上で同行して頂ける方を募集してみた。
したら11人もの方から反応頂き、総勢12名の大所帯。

フォロワーの9割5分がチャンピオン読者のため、何となくチャンピオンクラスタ新年会風味になった。

今回利用した飯田屋さん。
飯田屋外観
14時から座席の予約をしておいた。
実はお手頃なランチメニューを注文するつもりだったのが、土日はやっていなかった…
ココだけの秘密だよ。

名物のどぜう鍋。
どぜう鍋
初めて食される方が殆どだったので、骨抜きを注文。
昼間からビール、ピースサインもでちゃう v(^_^)v

どじょうの唐揚。
どぜう唐揚げ
すんげぇ縮んでじゃって、まぁ…
香ばしくて美味しい。付け合せはゴボウ揚げたやつ。

自分的メイン、なまず鍋。
なまず鍋
煮込む前は顔がコチラを睨んでいたが、実物を見ると存外カワイイ。ビビる事なかったな…
折角なので、顔の部分をいただく。
プルプルしてて美味しい。ヒゲも違和感無く食べれた。

なまずの唐揚。
なまず唐揚げ
身はふわふわしてて、かなり美味しい!

予約はしたけど何を注文するかまったく考えてなかったし、中の方に座って勘定の際には人様に任せてしまった…
ダメ幹事で本ッ当にスンマセン!
味に関してはみんな口をそろえて「美味しかった」とか「また食べたい」と言って頂いたので、チョット安心した。



開始が14時とかなり早かったので、店を出てもまだ日が高い。
浅草六区飲み屋街の店で飲み直し、からの3次会でカラオケまで。



今回の集まりがキッカケで相互フォローとなった方々がリプライ飛ばしあってるのを見ると、なんだか嬉しく思ったり。

今回御参集頂いた皆様、本当にありがとう御座いました。
また、飲みに限らずお誘いする事もあろうかと思いますが、ご都合よければ是非遊んでやって下さい。

もちろんtwitter上に限った話しではなくてね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック