横浜開港資料館とユーラシア文化館

横浜で用事があるので、折角なので博物館へ。久しぶりだなぁ。



◆横浜開港資料館

江戸後期から昭和初期までの、横浜に関する歴史的資料を収集・展示している。
横浜開港資料館
入館料、200円。館内の写真撮影は禁止。

記念ホールがある旧館は旧英国総領事館。
横浜市指定文化財、経済産業省・近代化産業遺産の指定を受けている。
開港資料館_旧館
中央に生えている木は、通称「たますく」
ペリー来航時からコノ地にあり、様々な錦絵や絵画にも描かれている。横浜の街をずっと見守ってきた。

ちょうど企画展示開催中。
開港資料館_歯が痛い
このインパクトは反則級。

まずは常設展示、1階部分。
ペリー来航から開国までの日本・横浜の様子を文書や錦絵、写真で紹介。
特に気になったのは、日米修好通商条約を始めとした五ヶ国条約の版本。
教科書で文字でしか知らなかった物が、形を持って目の前にあるのは何とも言えない高揚感。スゲー。

お次は階段上がって、2階の常設展示。
文明開化から発展していく横浜を紹介。
欧米文化の玄関口だけあって「はじめて」が多い。モグタン御用達。

最後は企画展示「痛っ… 歯が痛い -歯科医学の誕生と横浜-」
外国人科医から技術を吸収して広まった、歯科医学の歴史を紹介。
江戸時代の入れ歯・義歯を見るとかなり精巧でよく出来ているが、治療の様子を描いた錦絵でではごついペンチで歯を抜きに掛かっている。いくら義歯が精巧でも、この抜歯方法じゃ深甚なダメージだろうな…恐ろしい。
前回虫歯の治療をしてから一年以上検診受けてない事を思い出し、おもわず身震い。行かなくちゃ、と思ってはいるんだけどねぇ…

おみやげにイツもの如く、クリアファイルを購入。
開港資料館_クリアファイル
横浜の古地図・錦絵からのデザイン、レトロ感が素敵。こういう「どこで買ったか一目で分かる」ヤツ大好き。

今回はもう一点。
歴史的建造物マップ
桜木町から元町にかけての、歴史的建造物を紹介した散策マップ。
なんという俺得アイテム!これを片手に、自転車で… (眼の焦点虚ろ、かつ爽やかに)

在場時間:約75分




近辺の建築をしばし鑑賞。

神奈川県庁、通称“キング”
神奈川県庁

横浜税関、通称“クイーン”
横浜税関
この二つに横浜開港記念会館(通称“ジャック”)を加えたものが「横浜三塔」と呼ばれている。
3月上旬はキャンペーンをやっているらしいので、横浜にお出かけの際には是非是非。

横濱三塔物語
http://www.mm21railway.co.jp/sp/3towers.html



お腹が空いたので、お昼は足を延ばして中華街。路地から更に入った、小さな店を覗いてみた。
モツのピリ辛炒め
豚モツのピリ辛炒め定食、\650なり。
シンプルだけど旨い、量もあって大満足。
イマドキの中華街はランチなら五百円台からある。価格競争が激しい。

少しばかり中華街土産を買って、また日本大通りに戻る。



◆放送ライブラリー
企画展示「水木しげるの人生絵巻 と ゲゲゲの森の妖怪たち展」を見学。入場無料。
パネル展示そっちのけで、昔NHKで放送されたドラマ「のんのんばあとオレ 総集編」を視聴。
小学生時代、毎週かじり付いて見た思い出深い番組だ。セリフも結構覚えてて、懐かしさに満ちた時間を過ごす。

お土産にストラップ購入。今付けてるヤツがだいぶ傷んでいるので買い替え、ナイスタイミング。
水木ストラップ
水木しげる名言ストラップ「なまけ者になりなさい」
今でも、勤勉とは言えないんだけど(笑)

ちなみに、これまで付けていたストラップも水木スタイル。
水木ストラップ_旧
お疲れさまでした。


◆横浜ユーラシア文化館
放送ライブラリーのお隣さん、ユーラシア文化館へ移動。
ユーラシア各地の出土品、装身具等を集めた博物館だ。
入館料\200、写真撮影禁止。

特別展「シャルジャ、砂漠と海の文明交流 -アラビアの歴史遺産と文化-」が開催中だが、今回は常設展示のみ見学。

常設展示スペースを大きく割いて展示されていたのが、アラビア書道。元々、コーランの文言を記すにあたって「神の言葉であるから、美しくなくてはいけない」と書体・装飾性が発展した経緯を持つ。
その装飾性・美麗さに、誇張表現でなく素直に感動した。普段、絵画なんかはイマイチ鑑賞ポントが判らない、と言うかあまり得意じゃないんだけど。
工芸品以外の美術品で感動したの初めてじゃなかろうか。
アラビア書道以外にも、中近東の精巧細緻で美しい金属製装身具なんかは思わず溜息が…(ウットリ)

中庭ではジャルジャ(@UAE)から来た楽隊の演奏。
ジャルジャ楽隊
皆で輪を描いて踊る。
今思えば、自分も輪に入って踊ればよかった… それくらい楽しそうだったんだよ。

アラビア書道家の方がみえていて、名前を書いて頂いた。
アラビア書道
右上から読むのだが、苗字(下段)はなんとなく法則が見えてくる。

本当は図録が欲しかったけど、チョイお高いので今回は保留…
展示は良かったし、いい記念品をおみやげにできた。大満足。

在場時間:約50分





中華飯に続く
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック