川崎市青少年科学館・生田緑地

週の頭に「梅を見に行きたいな」なんて話をしたので行ってきた。
場所はワリと近所の生田緑地

自転車で来たら20分も掛からない、近すぎる。今度は歩いて来てもイイな。

東口から入場して、日本民家園は華麗にスルー。
もう少し奥に入ると、大規模に改築工事中の川崎市青少年科学館が。
青少年科学館

丁度プラネタリウムの上映時間が迫っていたので、そのまま入場。入場料\200、安い!
現在は仮設シアターで上映中。
プラネタリウム

場内は土足禁止。なんとなく、小中学校の昇降口を思い出すよ。
下足箱

中はパイプ椅子が同心円状に並んでいる。
プラネタリウム_内部

定員は50人くらいだろうか。音が反響して、人の話し声がよく聞こえる。
いよいよ上映開始、プログラムは2月の星空紹介。
規模は小さいしフルCG映像も無いが、きらめく星々に惹き込まれる。
弁士(解説員?)の方がかなりのベテラン、言ってしまえばおじいちゃん。
ユーモアを交えた解説で時折笑い声も起こるし、星の事もよく分かる。「ちょっと見上げて大三角形を探してみようかな」と思わせてくれた。
30分のプログラム、寝てしまう事も無く視聴できた。

仮設シアターは直径7m、新しいシアターは倍近い大きさ。
立派なシアターも楽しみだけど、この手作り感、なんとなく温かみを感じる今だって、とても魅力的。仮設のうちにもう一度くらいは見たいな。



青少年科学館を後にして、散策再開。

蒸気機関車D51。自分でも知ってる超メジャー機関車ね。
機関車D51
運転台の脇から操縦士の視点に顔を合わせてみたけど、全然前が見えない。すごい視界悪いのに、こんなデカイ車両を運転するなんて凄いな…

昭和60年まで、JR常磐線で走っていた客車。
客車
座席に座って休憩できるんだけど、結構カップルがいるし…
逝けメン30男のお独り様には、なんだか敷居が高いよ。(思い込みの悪い例)

池の近くにメタセコイアの林。
メタセコイア
直立で高~くそびえる様は、ちょっと不思議感覚と言うか珍しく感じる。やっぱり日本で自生してる種じゃないし、目に馴染みが無いんだな。



メタセコイアを抜けると岡本太郎美術館
岡本太郎美術館_外観
開館時間も残り少ないので、今回はスルー。
生誕100年ってんでNHKドラマなんぞも始まったし、岡本太郎盛り上がってるな。

シンボルタワー“母の塔”
母の塔
美術に疎い自分でも「いかにも岡本太郎っぽい」と思う。

屋外展示のオブジェ。
樹霊
「パンチもらって顔面陥没したミノタウロス」ではない、らしい…



坂道、階段を昇り、本来の目的であった梅林発見。
梅林
う~ん、もう少し日を置いた方が良かったかな…
紅梅 白梅



高台から日本民家園の建物が見下ろせた。
茅葺作業_1
茅葺屋根の葺き替え作業中。
茅葺作業_2
建てて終わり、とはいかない。保全も大変だ。



木道が整備された湿地もある。
湿地1
流石に冬場は淋しいね。もっと緑が茂って、水もある春~夏にまた来たいな。
湿地2
まむしが出なくても、湿地に下りないでください。湿地保全に御協力願います。



生田緑地一番の高台、枡形山展望台。
枡形山展望台
上りたかったけど、利用時間終了間際。なんという諦念… Oh…





生田緑地は中学生時代に学校の授業でプラネタリウムを見学して以来、約15年ぶりだろうか。
ちゃんと一周見て回ったのは始めて。

一通り回るとアップダウンが激しく結構時間が掛かるし、存外楽しめた。折角近くに住んでいるのだから、もっと来ればよかったなぁ。
草木の生命力溢れる、新緑の時期にまた来たい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック