スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマの名産地

知り合いの子が音楽活動をやっており、「イベントで歌うので、よかったら」と誘われた。
「クラブ」なんてモノとは無縁な人生を送っていくと思っていたが、折角なので行く事にした。
場所は目黒、ちょっと用事がないと寄り付かない場所だ。

ドコか目黒近辺で時間を潰せる場所が無いかと調べていたら、国立科学博物館付属自然教育園なる施設を発見。
早めに行って散策することにした。


◆自然教育園
都会のど真ん中にこんな森が在ったのか、と驚く。「庭園」ではなくで「森」があった。
入場料の\300を払うと、入場章代わりのピンクのリボンをくれた。
胸にピンクのリボンをひらめかせて散策開始。

少し歩くと落ち葉がいっぱい。
落ち葉
説明によればコノ落ち葉はアカガシの葉で、今頃の時期に古い葉を落とすらしい。
フムス。

木々だけでなく、水もある。
【瓢箪池】
瓢箪池
泳ぐ亀。
亀

【水生植物園】
水生植物園_1 水生植物園_2
そろそろ見ごろになってきた菖蒲。
菖蒲

湿地もあるでよ。
湿地



植物のネープレート、全部ひらがなだと何かオカシイやつもある。

一瞬なんだか理解できなかった「ちゃ」。茶ですな。
茶

あぶらちゃん、なんだかカワイイな。
油ちゃん

臭い稚児。スカトロ+ショタ+衆道の三重殺(トリプルプレイ)!
くさイチゴ

一個の人間をはるかに超える齢を刻んできた大木を見上げると、
仰角
こんなアホな想像をしていた自分をとても恥ずかしく思ったり、思わなかったり。

空は曇天なのがチョット残念だったが、とても癒され知的好奇心もナカナカに満たされた。
定期的に自然観察のイベントをやっており、「見ごろの植物」の情報を毎週更新している。
四季折々に様々な表情を見せてくれるハズの森、秋には紅葉を見に来たい。



受付窓口にスタンプラリーの台紙があったので、スタンプを押してもらう。
生物多様性のキャンペーン、なんだか楽しそうじゃないか。他のスタンプも欲しくなってきた。
まずは展示期間が残り少ない「大哺乳類展―陸―」に行くか。

それと都内の美術館・博物館で使えるクーポンがあるらしい。
しっかり計画を立てればナカナカお得なないか、いいな。





◆目黒コレクション
ライブ童貞だったのでチョット緊張したけど、現地に着くとそうでもなかった。
歌だけでなくダンスや演奏もあって、バラエティに富んでいた。
やはり生歌・生演奏というのは迫力が違う。
ブログを覗いてみたいアーティストさんも何人かいた。
こういうイベントは始めてだけど、なかなか楽しかった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。