スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術・博物館強化月間まとめ

ぐるっとパス購入に伴う美術・博物館強化月間終了。

行った施設をまとめる。
赤字はぐるっとパスを利用した施設。



5/22
『包む―日本の伝統パッケージ展』@目黒区美術館 700円⇒0円
目黒寄生虫館
『西洋絵画の中の人びと』@松岡美術館 800円⇒0円

5/28
『写楽』@東京国立博物館
『香り-かぐわしき名宝展』@東京藝術大学大学美術館 1300円⇒1100円
国立科学博物館

6/4
『手塚治虫のブッダ展』@東京国立博物館

6/5
『百花繚乱』@山種美術館
『国宝 離洛帖と蝶螺鈿蒔絵手箱―伝えられた日本の美―』@畠山記念館


6/11
紙の博物館 300円⇒0円
北区飛鳥山博物館 300円⇒0円


6/12
『花鳥の美 ―珠玉の日本・東洋美術』@出光美術館 1000円⇒800円
『美術染織の精華-織・染・繍による明治の室内装飾』@三の丸尚蔵館
『ことばの力 書の力』@相田みつを美術館 800円⇒0円

6/17
『没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳』(前期展示)@太田記念美術館
秩父宮記念スポーツ博物館 300円⇒0円

6/18
『五百羅漢』@江戸東京博物館 1300円⇒1040円
『森と芸術』@東京都庭園美術館 1000円⇒0円


6/26
『アウトローたちの江戸時代』@府中市郷土の森博物館 800円⇒160円
多摩六都科学館 1000円⇒0円


7/2
下町風俗資料館 300円⇒0円
『アフガニスタン 流出壁画片の修復展』@東京藝術大学大学美術館
東京国立博物館

7/3
『没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳』(後期展示)@太田記念美術館
『平成二十三年 新作名刀展』@刀剣博物館

7/9
『日本美術における「橋」ものがたり ―天橋立から日本橋まで―』@三井記念美術館 1000円⇒0円
『漆器 JAPANWARE』@明治大学博物館
東京都水道資料館

7/10
『不滅のシンボル 鳳凰と獅子』サントリー美術館
『伝承の技と創造の美 -第2回新作日本刀・刀職技術展覧会』@大倉集古館 800円⇒0円

7/16
『日本における辞書の歩み』@静嘉堂文庫美術館
『暑さと衣服』@文化学園服飾博物館 500円⇒0円

7/17
『書斎の美術』@泉屋博古館 520円⇒0円
科学技術館 700円⇒0円
『シマシマ工芸館』@東京近代美術館工芸館 200円⇒0円
『相撲錦絵の世界』@ニューオータニ美術館 500円⇒0円


7/18
『珈琲がやってきた』@中近東文化センター附属博物館 1000円⇒500円
『古川タク展 あそびココロ』@武蔵野市立吉祥寺美術館 100円⇒0円




38回、35施設。

パスによる割引金額は11620円
パスが2000円であることを考えると、なかなかコストパフォーマンス良かったんじゃなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。