2冊

◆ガリ屋がまとめた生姜のはなし
図書館で借りたモノを読了。
ガリ屋がまとめた生姜のはなしガリ屋がまとめた生姜のはなし
(2011/03/02)
遠藤榮、遠藤栄一 他

商品詳細を見る


「ガリ屋」って言葉の響きがなんか気に入ったので読んでみた。

生姜の文化史、海外を含むその土地ならではの生姜話、生姜の効能・食べ方 etc,etc… 生姜に関するエピソード集。
著者は生姜漬物メーカーの社長と会長さん。

生姜の話は勿論面白いんだけど、なんかノリが緩いと言うか、本筋以外の部分でナニかがおかしい(ツッコミ所が多い)



冒頭のエピソードが「生姜好きの事をジンジャラーって言うらしいよ」て話なんだけど…
アムラーやマヨラーから話に入って、
TBSラジオ『小沢昭一の小沢昭一的こころ』で生姜の話やってた⇒「詳しくは後日発売の文庫 or CDでね☆」で〆

凄い緩い…




日本各地方の生姜消費傾向の項で
『千葉の回転寿司には鰯のすり身とネギ・味噌を混ぜた“なめろう”があるよ』

……
………
( ゚д゚) しょ、しょうがは…?

で、後の項目で『なめろうには刻み生姜が入ります』
遅いよ!



生姜を使った料理レシピで、原材料にはちゃんと生姜があるのに調理手順を何度読んでも生姜を投入してない、とか。



内容的にもボリューム的にも肩が凝らず、ワリと軽く読めてよかった(笑)



◆深川江戸資料館 展示解説書
ず~っと詰んであった博物館・美術館のガイド・図録の類をぼちぼち消化しようかと。
深川江戸資料館解説_110803
多分、初めて買ったガイドブックじゃないかな。

内容は、
展示の舞台となった深川、江戸・天保期の背景
大店、船宿、長屋の暮らしぶり。生活用品・調度品の解説
江戸時代の貨幣制度
暦や季節行事

写真・絵図も多いし、江戸の風俗がよくまとまっていて大変分かりやすい。
お江戸入門に相応しい一冊。

内容的にも先日読んだ本とリンクする部分も多く、なんか嬉しかった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック