スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年チャンピオン 2010 No.30

【付録】
範馬刃牙:最強戦士図録
先週放送されたアメトーク「刃牙芸人」からの読者獲得コース。
中身は開いてないから分からん。
寂海王がエントリーされてないのが泣ける…

【範馬刃牙】
最終頁のアオリに

立ちふさがるのは、圧倒的重量差!!
悠久の技術で乗り越えられるか!?


とあるけど、「何を今更!?」って感じ。

【みつどもえ】
ふたばと宮なんとかさんのカラミは珍しいな。
鬼ごっこ言うなら、だるまさんが転んだの時点でアウトなんだが…

【弱虫ペダル】
結局戻った坂道。
追い上げの秘策は「ヒメッ」!?
来週は田所先輩がヒメヒメ言うのか、コレは期待!

【行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ】
毎度のことだけど、パートさんカワイイ!
ヨシノさんは自分的にはアウトォ…うっぷん晴らしはダメだろ。
最終頁のハシラが

ちょいと待ちなNJ(ヌマタジュン)先生!!
その魚はもう死んでるぜ!!
熱烈読者(おともだち)募集中!!


編集部は相変わらずやり過ぎ感ただようぜ。

【クローバー】
ハヤトがまた負けた…
これ以上は、なんか冗長になってきたなぁ。

【浦安鉄筋家族】
オチの「馬鹿だろ」は予想を大きく裏切られた。
そもそも、大鉄にそんな洞察力は無いんだったwww
子顔マスクがビジュアル的に面白いし、ネット見てるおばあちゃんも面白い。
秀作だった。

【ハンザスカイ】
バベル先輩への声援で、「空手を舞台にしたバトル漫画」でなく「空手部漫画」であることを再確認。

【ナンバデッドエンド】
「特服=剛」がついにバレそう。
喧嘩の勝敗は心配してないけど、コッチは本当に心配だ…
もう隠し切れないよな。

【ケルベロス】
もう雪房が…ラスト2頁がタマラン。
はぁん(悶え過ぎて、息が漏れる)

【ツギハギ生徒会】
最終回。連載お疲れさまでした。
タイミング的に2巻は出ないな…
これ、1巻でまとめられた範囲だろ。
なんか不憫過ぎるよぉ。

【ドカベン】
光のセリフが無駄にエロい。

個性豊かな素晴らしい選手が
たくさん私を攻めてくる
でも、気の抜けないこの緊張感が
なんともたまらない快感だわ



【聖闘士星矢 LC】
パンドラキック、あんまり効いてないな…
続いて槍の柄でパンドラチョーク!
パンドラもサーシャも光速拳的な技は使えないだろうから、肉弾戦やむなし。
次はパンドラネックハンギングツリーお願いします。

【侵略!イカ娘】
「うーむ…」のコマがカワイイ。

【シュガーレス】
三田と嘉上のカラミに興奮するタチでもないので、エクレア編はさっさと終わって欲しい派。
やっぱマリモいいよな。

【はみどる!】
壁さんはやっぱり壁で、抜群の安定感。
チャリ群馬さんは結構あるよね、乳。チビ巨乳、ありです。
大蛇に絡みつかれた大コマは一瞬では分かりにくい。
動きのあるコマはやはり難あり。

【ギャンブルフィッシュ】
残りカードのカウントを間違えるとか、ここに来て凡ミス過ぎる。
本当に電気が流されちゃうけど、どうなるのか。
座っているのが勇次郎だったら無問題なんだが。
アオリの「エクストリーム大絶頂」は紳士・淑女TLでスマッシュヒット。

【任侠姫レイラ】
西部プロレス傘下団体図からすれば、「みちのくに」の次は富山あたりか?

【エンジェルボイス】
うわぁぁぁぁぁ!負けた!
こういう「リアルさ」は他の漫画ではなかなかお目に掛かれないよな。
乾はサッカー部離脱しちゃうのか?

【Goofy】
主人公(名前忘れた)は今ドキの格好してるけど、素直で好感持てるな。
生で見たスケボーの迫力に当てられて夢中になる様は良く伝わってきた。

【AL】
ホシカブトさんがどう考えても負けフラグ…

【ヘレンesp】
本当におしまい、完。
いつも通りの流れで、そのまま終わっていくのは「らしい」っちゃ「らしい」。
単行本第2巻のためのページ合わせだったけど、また読めたのは嬉しかった。
木々津先生、お疲れさまでした。

【釣り屋ナガレ】
話の流れはキャスティング競技へ。
ただ魚別に攻略して行くのではなく、禁漁区問題、魚謎解き、命への感謝、etc.etc…
釣りに関わる周辺のテーマも扱っていて視野が広い漫画だ。
いいな。

【次号予告】
「ゲッチューまごころ便」「ひもろぎ守護霊」の緋采俊樹先生の新連載スタート。
タイトルは「MOB ~私立宝蔵学園萌え部~」
「萌え部」はなんだか逆に泥臭い感じがするなぁ。
緋采先生は「ゲッチュー」も「ひもろぎ~」も読んでないので初見(40周年記念読みきりのみ)。
楽しみ。

【巻末コメント】

範馬刃牙/板垣先生
体に飽きないように、作品に飽きない。俺が非凡なワケだ。


自分は5年以上前から飽きてますが…
まぁ、確かに板垣先生が非凡なのは間違いないですけど。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。