友だちのつくりかた

図書館で借りたモノを読了。

タイトルが直球過ぎて目に止まった(笑)
友だち多い、か… 憧れるじゃあないか!



読んでみると「つくりかた」は書いてなかった…
既存の敵対的でない人間関係に『○○ともだち』と名付けたり、文学の中の友人関係に「こんな関係、いいよね」と紹介したり、ゆるふわな語りに殆どが費やされてる。
人間関係が閉じてる常態からの脱却 How to 人生訓の様な本ではない。



まぁ、軽~い感じで心持ちホンワカするのにはいい本かな。


友だちのつくりかた友だちのつくりかた
(2003/09)
中山 庸子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ちゅうたろん : 2011/08/20 (土) 06:12:17

なるほど。

常々、子作りは「子どもを授かる」とした方が良いと思っています。
友達は「できちゃった友」がいいのかな?

管理人のみ通知 :

トラックバック