スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜博

上野の科学博物館に『恐竜博2011』を見に行ってきた。
今回はお一方同行して頂いた、ありがたいこってす。



開館20の分ほど前で待機列が30人強。
基本的に親子連ればかり。

6月に失効していたリピーターズパスを買いなおして入場。
リピーターズパス11
また一年、お世話になりまっす!



会場は年代順に一本道の構成。
・プロローグ
・三畳紀
・ジュラ紀
・ジュラ紀から白亜紀
・白亜紀末期
・絶滅
・最先端ラボ
・エピローグ



ジュラ紀のスター、アロサウルス。
アロサウルス_110827
すっごいスマートで、なんかこうシュッとしてる。レックスに比べると俊敏なイメージ。
正にハンターって感じ。

ジュラ紀の羽毛恐竜、アンキオルニス。
アンキオルニス_110827
四肢に羽を生やしており、始祖鳥に繋がる恐竜。
09年9月に発見されたばかりの最新研究成果。しかも実物化石が展示されている。
学名の意味が「ほとんど鳥」には笑ったw

そして、恐竜界の二大スター、ティラノサウルスとトリケラトプス。
レックス_110827 トリケラ_110827
でかい! 全身骨格に大興奮! (*゚∀゚*)=3
獲物を待ち伏せする姿勢のレックス。小さい前足はこの状態から立ち上がる時に使われたらしい。
トリケラトプスの立ち姿も最新の研究成果を反映されており、今までと足の向きが違うそうな。

白亜紀前期のラプトレックス。
ラプトレックス_110827
後にティラノに繋がっていく恐竜で、まだこの時代は小型。
ラプトレックス頭部_110827
頭部の再現なんだけど… 毛が生えてる!
最新の研究で、恐竜には毛が生えてた事が分かってる。色素が残された化石も発見されており、毛色が分かる種も。
なんか今まで抱いていた恐竜のビジュアルイメージと大違い。
この頭部をいきなり見せられたら恐竜とは思わないなぁ。エイリアンか何かだ。



広告・ポスターではレックスvsトリケラが推し出されており、もちろん全身骨格が並ぶ様は大迫力で見事だった。
しかし、それだけではなく最新の研究成果もたっぷり紹介しており、自分が小さい頃に本で読んだ恐竜イメージを大きく塗り替えてくれた。
化石という遺物を発掘して終わりなのではく常に失われた部分を追い続け、新しい化石もどんどん発見される。古生物学の面白さに僅かながらも感じる事ができたかな。



去年の夏の特別展『大哺乳類展』では夏休みの宿題にでもするのであろうノートを持った子供を沢山見たが、今回が全然見かけなかった。
夏休みも本当に間際なので、出かけてる暇も無く家でドリルに噛り付いてるのだろうか(笑)



戦い終わって ~神々の黄昏~

お昼は同行者様とケーキ・パスタの食べ放題『スイーツパラダイス』。
名前は聞いたことあったけど、初めて利用する。
スイパラ_110827
最近、糖質と炭水化物を控えているので楽しみにしてた。
久しぶりの糖類、美味しい!
でも一皿で結構お腹イッパイだ(爆)
それでも結局3回ばかりお替り。
満腹感があっても食べ続ける、肥満に戻る素質は充分あるな… ((゚Д゚;)))



その後アメ横をぶらり歩き。
鞄や革製品、スカジャン、万年筆、時計、シルバーアクセなんかを見て回ったけど、すごい楽しい。
最近自転車で来る事が多くて素通りしたり、時間的にもゆっくり見て回ることが出来てなかったな。



博物館、スイーツ、ウィンドウショッピングと上野を満喫。
博物館以外で充実した休日って久しぶりかな。楽しかった~
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。