スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空海と密教美術展

朝の時点では雨こそ降ってないものの、台風の影響で風が強い。
お出かけするには少し不安な天気だけど、そこを敢えて東博の『空海と密教美術展』を見に行ってきた。

入場待ちだの何だの、連日混雑してる話を聞くのでイツ見に行こうか迷ってた。
台風の影響もあって今日は空いてるだろうと、レッツラ・ゴン。

それでも開館30分前には到着する慎重っぷり。
到着時で待機列は約30人。



空海と密教美術展

展示は4章構成。
第1章:空海 (空海の人となりを紹介)
第2章:入唐求法 (空海が中国から持ち帰った絵画、仏像、工芸を展示)
第3章:密教胎動 (空海ゆかりの絵画、書、仏像、工芸を展示)
第4章:法灯 (密教美術の名品を展示)

なんでも密教と言うのは『奥深い教えを理解するには必要不可欠』と造形・ビジュアル重視だったそうで。
この点は大変ありがたい(笑)

一番目立つ仏像から幾つか気になった展示をいくつか。

展示No.38 五大力菩薩像
仏教に明るくないのもあるけど、憤怒相の菩薩って初めてみた。

展示No.50 女神坐像(八幡三神のうち)
ふっくらした相なんだけど、なんだかふてぶてしい(笑)

よく「仏像に癒される」とか言うけど、自分は天部の力強さに惹かれる。
十二天や四天王像の迫力を間近で感じられて幸せ (*´∀`)



ポスターなんかのイメージだと仏像がメインっぽいけど、法具類も見事。錫丈や杵は金ピカで造形はけっこう派手、中二病が疼くような武器。
あとは千手観音が手に持ってるモノを観察したり、多面仏像の各相に表情の違いがないか見たり、結構瑣末的な部分に見入ってた。
コレが自分なりの楽しみ方です(汗)



正直言うと「空海」と言われても“昔のお坊さん”て程度の認識だし、“密教”も言葉だけは聞いたことあるレベルだった。空海の足跡を辿ったり“密教はイメージ重視”と覚えたり、素直にお勉強にもなった。

素晴らしい美術品に触れるだけでなく少しでも知識をお持ち帰りできたし、充実した展覧会だった。



観覧時間:約80分



特別展の後は総合文化展(常設展示)をぶ~らぶら。

密教美術展の後だと、やはり仏像に目を惹かれる。
五大明王像_110903
五大明王像
広目天_110903
広目天
常設展示でも充分素敵な仏像を鑑賞できる。



◆特集陳列 石に魅せられた先史時代の人びと
考古展示室の特集陳列。
旧石器時代から縄文・弥生時代を通して使い続けられた石器について、実用品、儀式・祭器用石器の面から紹介。

実用的な石器の代表として石鏃。
石鏃1_110903 石鏃2_110903
材質は黒曜石や頁岩、チャートなど。
改めて見ると色がキレイだし、大きさ的にもカワイイ。ストラップやキーホルダーに欲しい(笑)
鏃だけでなく石皿や磨り潰すのに使った石器も、ただ近場にあった石を使ったのでなく石材を選定して作られていた。その石材は産出地が限られるため、数百キロも離れた場所から調達も。この時点で交易的な活動が行われていたんだな。

続いてコチラは祭儀用の石器から、石棒。
石棒_110903
墓から多く見つかっているので、副葬品・祭礼用だったらしい。
で… 「うはwww どう見てもチ○ポ!」と喜んでいたら、解説にも『男性器を模した棒状の石製品で』とあった(笑)
弥生時代も今も、イマジネーションは変わらず!
この辺りの磨製石器、当たり前だけどツルツル。凄い加工技術だよな。

石器自体だけでなく、石器の名前も結構面白い。
・表面が滑らかに磨かれているから『トロトロ石器』
・アメリカ先住民が使ってた鏃と形が似てるから『アメリカ式石鏃』
とか… トロトロって何だか溶けてそうだし、アメリカ式って形だけかよ!



◆民族資料 琉球の工芸
本館15室の民俗資料、6月まではアイヌに関する展示だったので琉球は今回初めて見る。

団扇_110903
団扇
柄が長いし角度が付いてる、面白い形だ。

厨子甕_110903
厨子甕
骨をこの甕に入れて墓室に収める。ただの陶器じゃなくて御殿の形、やっぱり身分ある人が使ったのだろうか。



◆歴史資料 健康を考える
本館16室、江戸時代の健康に関する資料を展示。

麻疹食物善悪鏡_110903
麻疹食物善悪鏡
なんでも番付にしたがる江戸の人達は食べ物も番付にしてた。
『たべてよろしき物』はタクアン、黒豆、里芋、麦飯、小豆、etc,etc…
『たべてあしき物』は獣、魚貝、酒、麺類、蜂蜜、etc,etc…
ザックリ言うと粗食の勧めだろうか。贅沢品を控えろと言うのは現代とあまり変わりは無いかな。

銅人形1_110903 銅人形2_110903
銅人形
経穴を示した医療学習用の人形でも、コレは血管や内臓も示した豪華ver.
パッと見すごい怖いんだけど、顔を見れば何だか愛嬌があって結構カワイイ(笑)





他にもあちこちで展示替えされており、来る度いつもグルリと一周見て回る事に。

在場時間:約210分
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。