行者体験記

やんごとなき理由から、独り中華街を実行するに至った。
「一人」じゃなく「独り」なのがミソ。
一種の修業的なモノだ。



中華街には詳しくないが、以前何かでみた緑色のチャーハンを第一目標に。
ネットで調べるに翡翠楼なる店の「翡翠チャーハン」らしい、フムス。



翡翠チャーハン単体のみでは寂しいので、セットメニューを探すも「2名様以上から」のコースしかない…
早くも「独り」を噛締める事態。

でも店員さんに聞いてみると、一人でもOKなチャーハンセットがあるらしい。
翡翠楼は2店舗あって、新館で扱っているメニューとの事。
自分が行ったのは本館(?)らしい。
コッチでもやってくれるそうなので、早速ソレを注文。

翡翠楼_フカヒレ
まずは前菜(蒸したトリ貝?、チャーシュー、蒸し鶏)
続いてフカヒレの姿煮。
実は姿のあるフカヒレ初体験。
なんだか少し生臭い、ってか魚臭い…
スープは旨いけど。

翡翠楼_翡翠チャーハン
メインの翡翠チャーハン。
本当に緑!
チャーハン自体はシンプルな卵チャーハン。
スープの具は短冊状のエリンギとイカの細切。
スープチャーハンも初めて食べるかな。
最初は雑炊的イメージだったけど、チャーハンなんでスープの中でも米粒がハッキリ分かって面白い。
いい食感。
イカも加熱調理してあるけど、硬くなく美味しい。

翡翠楼_蒸し物
最後に蒸し物。
シュウマイ、蒸し餃子、エビ餃子。
エビ餃子がプリプリで旨い。



以上で\2,100なり。
翡翠チャーハン単品で\1,000を考えれば、フカヒレ付いてこの値段ならいい方じゃなかろうか。
なかなかえがった。

折角中華街まで来たので他にも食べたかったけど、もうお腹イッパイ。
最近食事量を減らしていたので、前より食べれなくなっていた。

ブラ歩きで発見した「重慶飯店食堂」の文字。
飲食店なのに社員食堂をわざわざ別棟で建ててある!
まかない飯とかじゃないらしい。
従業員、どれだけ居るんだよ。凄いな。

お土産に聘珍樓のプリンを買って帰宅。
中華街、山下公園、みなとみらい、横浜駅周辺と、カップルに向けて毒思念を放射しまくり。



だがやもん は 呪法 のスキルがアップした!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック