夢の島、船番所、ブリヂストン

今日も美術・博物館巡り。カラッと晴れて絶好の自転車日和!
ぐるっとパスを使って、未だ行った事ない施設へ。



◆夢の島熱帯植物館
植物館外観_111024
庭園は未だ草木が色づいてないので、季節に関係なく楽しめる温室のある植物園へ。
名前の通り、熱帯の植物に特化した施設。

ぐるっとパスを利用して、入館料\250⇒\0

映像ホールでアマゾンと小笠原、2つの番組を見るも殆ど寝てしまった(汗)
朝から自転車乗っているので、暗くて静かな場所にいると眠くて仕方ない…

音声ガイドが無料なので貸りてみたら iPhone
植物館ガイド機_111024
ガラケーユーザー故になんか緊張する(笑)
でも、使用感は微妙…
解説を聞くのはイイんだけど、目の前に本物があるから映像を見る必要が感じられない。映像を見てると、肝心の植物を見るのに集中できない。
ちょっと残念。

いきなり躓き気味だけど、気を取り直して温室へ。
温室内部_111924
温室って高温多湿でジメジメ・蒸し蒸し、正直少し苦手で良いイメージを持ってなかったけど、ココは不快感がなくてビックリ。

熱帯の人里を再現したコーナーにはカカオやパイナップルの実が。
カカオの実_110924 パイナップル_110924
モノは知っていても、実が生っているのは初めて見た!

大温室のほかに食虫植物温室も
食虫植物温室_110924
ウツボカズラ        ハエトリソウ
ウツボカズラ_110924 ハエトリソウ_110924
モウセンゴケ
モウセンゴケ_110924

イベントホールでは光るキノコ“ヤコウタケ”が展示されていた。
夜光茸_110924
おもったよりは光が強い。もっとぼんやりしたモノだと思ってた。

熱帯の植物だけあって、キレイな花やインパクトのある植物が多くて大変楽しめた。

在場時間:約250分



◆江東区 中川船番所資料館
船番所資料館_111024
江戸に出入りする船を取り締まった“中川番所”を中心とした郷土資料館。

ぐるっとパスを利用して、入館料\200⇒\0

建物は三階建てで、主な展示内容は
一階:和竿等、伝統的な釣具の展示。資料室・学習室
二階:近代以降の郷土の歴史
三階:中川番所の紹介と江戸時代の舟運

写真撮影は三階の中川番所再現コーナーのみ可。
中川番所再現_110924

江戸時代の舟運ネットーワークに関しては他でも解説・展示している施設はある。
特徴が出るのは二階の近代以降。
写真が多く展示されており、常に掘割と共にあった江東区の生活がよく伝わってくる。
しかも、工場排水による水質悪化、洪水・高潮等の水害との戦い、地盤沈下、夢の島のゴミ問題・蝿の大発生など、環境問題に関する展示が大きく占める。地域の戦いの歴史がシッカリ綴られている。



おみやげに常設展示図録を購入。
中川番所図録_110924
享保年間に刊行された釣りのガイド本「何羨録(かせんろく)」に関する書籍も面白そうだったけど、財布と相談の末諦めた(泣)

在場時間:約100分



◆ブリヂストン美術館
コレクション展『くらべてわかる ー印象派誕生から20世紀美術まで』開催中。
ブリヂストン外観_111024
西洋画って得意ではないので、自分から足を運ぶのはコレで2回目かな。(1回目はブリューゲルの版画)
帰りのルート途中で丸の内・八重洲近辺を通るで覗いてみた。せっかくパスもあることだし。

ぐるっとパスを利用して、入館料\800⇒\0

素人ながらに気になった作品の感想を

モーリス・ドニ “バッカス祭”
森の中で人々が手に果物を持ち、動物達と戯れている。
色彩、木陰と日差し、画面の明暗・色彩がすごいクッキリしている。生命力いっぱい、て感じ。

ラウル・デュフィ “オーケストラ”
線も塗りも凄いラフで、それが勢い・動きになってる。
オーケストラの大音量、迫力が伝わってくる。

在場時間:約80分



闘い終わって ~神々の黄昏~
自転車走行距離:69km
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック