危険察知能力

昨日から長野の田舎に一泊で介護帰省。

朝5時に向こうを出て、5時間ばかり高速道路を運転して帰宅。
毎度のことながら、肝を冷やすような運転を何度も見た。

車間距離を充分とらずに車線変更したり、前の車を煽る様に接近して追い越し車線走ったり…



何だろアレ

「よもや自分は事故を起こすまい」とか「危なくなっても華麗なハンドリングでかわせる」
とでも思ってるのかね。
事故になってもかすり傷で済む、と思ってるとか?

どれだけのエネルギーで運動してるか分かってんのかね。

自分だけで勝手に事故起こすなら構わないが、それだけじゃ済まないんだぞ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ちゅうたろん : 2010/07/06 (火) 10:28:08

怖いですね。
車とは感情がそのまま乗り方に表れる乗り物と認識しました。

長距離移動手段 優劣の順位(ちゅうたろん調べ)
・新幹線‥世界一安全な乗り物
・電車…酒飲んでも乗れる乗り物
・船舶…ワクワクする乗り物
・車…高速道路は緊張する
・飛行機…離陸と着陸に極度の緊張を感じます

だがやもん@IFJ : 2010/07/06 (火) 20:25:48

> ・船舶…ワクワクする乗り物

ロマンチスト!

管理人のみ通知 :

トラックバック