脳を心配してワザと肉を硬くしてあります。学生はよく噛むように

雑誌『散歩の達人』が神保町特集なのでペラペラめくる。

学生街としても有名なので学食を食べ比べした記事。その中に母校を発見。
ライターさんが竜田揚げ定食を食べるのだが、その感想が「20回は噛まないといけない」
「味が濃いし、脂っこくて硬いし、男子校の味」的な。
確かに工学部なので野郎率9割、間違いない。学食も今食べれば大した味じゃないだろう。
それでも懐かしさ補正が掛かっている事もあり、また食べてみたい気もする。


散歩の達人 2011年 11月号 [雑誌]散歩の達人 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/10/21)
不明

商品詳細を見る




で、同じく神保町特集だった『東京人』読了。
日清戦争後に増えた中国人留学生を中心にして神保町を探る。

3年もスヰートポーズの前を通りながら、一度も食べたことないや。
古本祭りのついでに味わってみようか、どうか。

連載「“現代の足軽”が攻める、東京の城」「中野ブロードウェイ 制御不能建築の誕生」は今号も面白かった。
次号は今月オープンした三菱の『東洋文庫ミュージアム』を特集。行きたい施設の一つなので、これまた楽しみ。

次号が出るまえに読み終えたのは久しぶりだ。


東京人 2011年 11月号 [雑誌]東京人 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/10/03)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック