スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロニシティ

図書館に本を借りに行ったら、目的の本が書架に無い。貸し出し中。
小説やベストセラーなら兎も角、農業の本だ。珍しいんじゃなかろうか。



膨大に数ある本の中で、自分と同じタイミングで同じ本を読みたいと思ったワケだ。
見知らぬ誰かへ勝手に親近感。なんだかチョッピリ嬉しかったり。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。