拘束プレイ

歯医者で虫歯の治療。
口を覗き込んで先生が「どうしよ~」とのたまうので不安で仕方ない。
どうしようもない程ひどいのか… 「深甚な虫歯が多すぎて下顎切除」くらいの妄想で静かな恐怖に襲われる。

どうやら、虫歯が複数個所あるので、どいつからやっつけようか考えてたらしい。

今日は小さめのヤツを治療したので痛みは殆ど無かったが、口が閉まらないように器具で固定される。
口を開けるだけとはいえ、数十分も全開でこじ開けられるのはなかなか疲れた。

ココには書けない程度の卑猥な思考が頭をよぎる。



あさりが安かったので味噌汁に。
「60分程度砂抜きして下さい」とあるので、忠実に60分の砂抜き。
ボールの底には結構な砂が。
しっかり吐き出させたと思ったが、味噌汁を飲むとまだまだ砂が残っている。
おげ~



人間も水に浸かると異物や不安、ストレスを口から吐き出して心身がキレイになればいいのだけれど…
と、湯船に浸かりながら思った次第。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ちゅうたろん : 2011/12/07 (水) 06:21:29

ボクも歯医者のときは「これはプレイだ」と思うようにしてます。

だがやもん@IFJ : 2011/12/07 (水) 06:38:24

> ボクも歯医者のときは「これはプレイだ」と思うようにしてます。

同じ医者でも、歯科のみがプレイになりうるので不思議です。
内科や整形外科ではそう思えません。
あっ、耳鼻咽喉科なら辛うじてイケるかも…

ちゅうたろん : 2011/12/07 (水) 13:48:46

内科でも心療内科でも、あらゆる診察に対して「これはM男の企画物の男優面接だ」と思う事が、物事をスムースに進めるコツですね。

だがやもん@IFJ : 2011/12/07 (水) 19:20:53

万能ワード『企画物』 (; ・`д・´)…ゴクリ…
覚えました

管理人のみ通知 :

トラックバック