スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町田市立国際版画美術館

平日だけど午後が空いていたので自転車で美術館へ。
なんと贅沢な事か。



◆町田市立国際版画美術館
版画美術館外観_111021
木々に囲まれた美術館。公園の中にあってイイ環境。



特別展『版画でつくる―驚異の部屋へようこそ!』開催中。
驚異の部屋_111021
ぐるっとパスを利用して、観覧料¥1,000→¥0

欧州で15~18世紀に流行した珍品陳列室“驚異の部屋”を版画で再現した展覧会。

解剖図に動植物や風景を描いた博物図譜、悪魔や怪物等の怪奇・幻想画、意匠デザインの図案etc,etc…
細密精緻で色彩豊かな作品に囲まれた空間は、図鑑の中に入り込んだような知的興奮を与えてくれる。

展示室で唯一写真撮影可能な記念撮影コーナー。
記念撮影コーナー_111021
職員のお姉さんが「撮りましょうか?」と言ってくれたけど、三十路男が独りで写ってもねぇ…

図録が重厚な作りでカッコイイ。展覧会の内容も素晴らしかったので欲しかったが¥2,400は気軽には出せない。
お金に余裕ができたら是非欲しいが、限定700部。多分買えないだろうな…



続いて観覧した常設展はチベットの密教版画。
特別展の作品は銅板・エッチング等で精細な線で描かれていたが、密教版画は木版によるもの。
素朴な味わいの線だが、物凄い描き込み。千手観音なんかは、本当に手が千本書き込まれていそうだ。



作品は素晴らしいモノばかりだったし、平日という事もあってゆったり見ることが出来た。
大満足。

在場時間:約150分



戦い終わって ~神々の黄昏~
雨に降られそうなところをギリギリで帰宅。セフセフ。
町田へは初めて自転車で行ったけど、存外近いや。

自転車走行距離:約33km
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。