スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書力

図書館で借りたモノを読了。

なぜ読書をするべきか、読書の効用、量の目安、トレーニング法、と具体的で分かりやすく説明されている。

娯楽としてではなく、修養としての読書。
う~ん、今までの自分は娯楽オンリーだな(汗)
量的にも大して読んでないし。

読書のモチベーションがスパーンと上がるのではなく、もっと真摯に読書と向き合いたくなった一冊。


読書力 (岩波新書)読書力 (岩波新書)
(2002/09/20)
斎藤 孝

商品詳細を見る


「本を読んだらすぐ人に話して、内容を自分に定着させよう」とあったので、すぐこのエントリーを書いたわけだ。
内容について殆ど触れてないけど(汗)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。