スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池袋徘徊記

その日ドコに行くかは大概朝に決める。
色々と調べ迷ってる間に遅くなり、電車移動。(開館に間に合わせたい性格)
池袋へGO!



◆ミステリー文学資料館
「没後10年 山田風太郎再臨」展開催中。
ミステリー資料館外観_110107
遺愛品や直筆原稿、写真、新聞・雑誌のインタビュー記事等が展示されている。
パーテーションの上部には著作がズラリと並ぶ。

作品に関して言えば、何だかんだでエッセイ以外は殆ど読んでいるようだ。

展示品でレアなのは“生涯で一度だけ書いたサイン色紙”
中学時代の落書きや大学時代のノート/スケッチ等、色々と貴重な資料があったが、正直言ってあまり面白くなかった。
山田風太郎の人柄を掘り下げるような内容ではなく、ただ資料が並べてあるだけ。

山田風太郎展よりも、ミステリー文学資料館そのものの方が面白かった。
ミステリーに興味があるわけではないが、数多くの作品が書架に並んでいる。
昭和初期の文芸雑誌や単行本を直に手に取り読めるのは大変貴重だ。

山田風太郎作品は講談社ノベルスの傑作忍法帖があった。
未読の「忍法封印いま破る」があったが、とても読んでいる時間が無い。
いつか手に入れたい一冊だ。

在場時間:約40分



◆豊島区立郷土博物館
企画展「江戸園芸資料これくしょん」開催中。
園芸これくしょん_120107
江戸時代、巣鴨や駒込は植木屋が多かった。物見遊山地、園芸品の産地として賑わっていたようだ。
当時の様子を浮世絵・絵図、書籍等の資料で紹介する展示。

江戸時代前半の園芸は武家屋敷や神社仏閣の庭園などを中心とした地植え園芸だった。
それが18世紀半ばから、狭い土地でも楽しめる鉢植え園芸が庶民のあいだに広がる。

絵図を見ると一つの菊に接木して100もの花を咲かせたり、竜虎の形に刈り込みをしていたり、相当な技術力。
また、現在の観光農園や植物園のように、整備して客を集めた植木屋もあった。

歴史的資料のキャプションは丁寧で分かりやすく、園芸図譜は精密なタッチで美しい。
大変面白い展示だった。



常設展示も見るが、壁面パネルに解説が書かれているだけ。
池袋郷土館常設_120107
なんとも味気ないが、普段は今回の企画展が行われたスペースに収蔵品を展示しているらしい。
また近くに来る機会があったら覗いてみよう。

在場時間:約90分



◆豊島みみずく資料館
朝、池袋周辺の観光スポットを調べていて初めて知った施設。
みみずく資料館_120107
場所は南池袋小学校の中。

みみずく・ふくろうについて
・生物学的な特徴
・民族的イメージ(知恵、闇、神霊との仲介役、招福など)
・様々な工芸品
を紹介/展示している。
みみずく資料館展示_120107


見学をしていたら、いきなり館長さんが「工場を見てみませんか?」と声掛けてくれた。
小学校では陶芸体験教室を行っており、ちょうどその時間らしい。
館長とおばさま(たぶん子どもが小学校の生徒なのだろう)と校舎裏の工場へ移動。

今日の作業はふくろう人形を型から出してバリ取り。
人形ずらり_120107
作業はおばさんだけで、自分は基本的に作業を見てるか饒舌な館長のおしゃべりに相槌を打つしかない。
人形を乾かしながら行うので結構時間が掛かる。
展示見るだけなら5分くらいなんだけど(汗)

色々と話も聞かせてもらったし、お土産の人形を購入。
コキンメフクロウ_120107
コキンメフクロウ。ギリシャ神話にでてくるアテナの従者で、知恵の象徴。
眼つきが鋭くてなかなかカッコイイ。
半分お付き合いで買ったが、結構気に入ったぞ(笑)

在場時間:約80分


その後は郷土資料館で貰った観光案内図を手に、ぶらぶら街歩き。

雑司が谷霊園
雑司が谷霊園_120107
小泉八雲、夏目漱石、ジョン万次郎らの墓をお参り。
都市型の大規模霊園って初めて来た。地図を見ててもチョット迷う。
そんな“迷子オーラ”を発していたのか、地元民と思われるおじいちゃんが声を掛けてくれた。
ジョン万次郎のお墓の場所を教えてもらう。
主だった著名人のお墓の場所は分かっているのだろう。すごい。



雑司が谷旧宣教師館
宣教師館_120107
東京都の有形文化財。落ち着いた雰囲気の洋館。
2階の天井に竹が格子状に組まれていたのが興味深い。



雑司が谷鬼子母神
鬼子母神_120107
まだまだお参りする人も多い。
阿吽像が少しポッチャリしてるのが印象的。
阿行_120107 吽形_120107
おみくじ引いたら大吉だった ヾ(*´∀`*)ノ

最後は池袋メトロポリタンプラザにある全国伝統的工芸品センターで展示会。
身近に漆工品を何か一つくらい欲しいけど、とても買える様な値段じゃない…



戦い終わって ~神々の黄昏~
文学、歴史、近代建築、お寺とフルコース。密度高かった。

雑司が谷霊園近くで見つけたいい雰囲気のラーメン屋さん。
ターキー_120107
屋号の「ターキー」も味わい深いモノがある。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。