川崎大師の風鈴市

タイトルまま。
初めて川崎大師の風鈴市に行ってきた。

ウチからだと一度JR川崎まで出て、京急に乗換えて川崎大師へ。

京急川崎駅のホームで、ピザを頬張る浴衣姿のお姉さん発見!
改札内にピザ屋があるのだが、そこのハーフサイズだろうか。
見たところ友人や家族と一緒ではなくお一人様。
ベンチに腰掛けてムシャムシャ。
ピザだとおちょぼ口で上品にモグモグ、とはいかない。
どうしても租借に顎が大きく動いてしまう。
余程おなか空いたのだろうか、おいしそうに食べている。
浴衣のおしとやかさと豪快な食べっぷりのミスマッチが何ともユーモラスで、ちょっと萌えた。
眼福、眼福。



風鈴市の会場に到着。
風鈴市_1 風鈴市_2
なかなかの人出。風鈴が涼しげに大合唱中。

会場には冷たい麦茶のおもてなしも。
風鈴市_麦茶
暑い時の冷え冷え麦茶、ウマイ!

47都道府県の様々な風鈴が出展していて、とてもバラエティに富んでいる。
眺め歩くだけで面白い。

達磨風鈴
川崎大師オリジナル達磨風鈴。なかなかカワイイ。

18金風鈴
銀座の田中貴金属の18金風鈴。
こんな高価なのの吊るしておいたら落ち着かないぞ。

南部鉄風鈴
岩手の南部鉄風鈴。
重量感タップリ。下に落としたり、頭ぶつけたら大変だ。

つりしのぶ風鈴
東京のつりしのぶ風鈴。
竹を編んだような芯材に苔を付け、シダの一種しのぶ草を這わせてる。
緑があると涼しげでいいな。
そういえば、ほおずき市でほおずき売り切れた店はコレ売ってたな。

竹風鈴
静岡の竹干筋ふうりん。
鳥篭を思わせる竹細工のなかに風鈴を収めてある。
風鈴の音を鳥の鳴き声になぞらえているのだろうか。

真鍮風鈴
富山の高岡真鍮ふうりん。
風鈴って日本のものだけど、こうなるとなんかモダンでインテリアっぽい。

鞠風鈴
秋田の御殿まりふうりん。
綺麗だけど、どっちが本体か一見分からないな。



風鈴だけじゃなく、ちゃんとお参りもした。
風鈴奉納_1 風鈴奉納_2
大本堂の軒下に全出店風鈴がズラリ。
壮観…でもないな。ちょっと位置が目線から高すぎる。



アキバによって、伴天連XXとコミケカタログを買って帰宅。



本日のお土産。ちゃんと風鈴も買いましたよっと。
風鈴_獲物1 風鈴_獲物2
福島・喜多方の金箔うるし風鈴。
漆+蒔絵
なんつう俺好み!

「折角だから、何か1つは風鈴買いたいな」とは思っていたが、迷いは無かった。



イイ買い物もできて、よか休日じゃった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック