上野

今日は秋葉原で飲み会。
電車移動で上野をグルリ。



◆国立科学博物館
開館10分前に到着。
インカ帝国展の待機列に100人程度。twitterなんかで混雑振りを目にしているが、初日に行っておいてよかった。
常設展示の入口も開館時には30人くらいで、子供連れが多い。やっぱり春休みだなぁ。

自分のお目当ては『ものづくり展』
ものづくり展_120331
「ものづくり日本大賞」は経済産業省を始め四省庁が連携し、二年に一度、優れた製造技術や取り組みを顕彰する制度。
その受賞件を一部は製品を交えながら紹介する展示。

例えば、発光蓄光する磁製タイル。
発光蓄光タイル1_120331 発光蓄光タイル2_120331
有田焼の釉薬技術を使っだ製品で、強度も蓄光機能が優秀。誘導経路表示する床材として最適。

知っているモノではスーパーコンピューター京や、ヤマサ醤油の空気に触れない醤油パックなんかも受賞していた。
普段気にも留めない身の回りの物も、実はスゴい技術がしれっと使われているハズ。



東博も見たいものがあるので、ものづくり展だけを見てそそくさと退場。

在場時間:約55分



◆東京国立博物館
毎年恒例、春のイベント『博物館でお花見を』開催中。
博物館でお花見を
桜にちなんだ作品を数多く展示。

花見なんかの行楽時に用いたハイキングセット。
野弁当_120331
豪奢で結構な数が揃ってる。こうなると持ち歩くのが大変だ。

他にも陶磁器や浮世絵に着物と、華やかな展示が多数。
飛鳥山花見_120331 打掛_120331
この時期は庭園が開放されているが、桜が咲くのはまだ先になりそう。
華やかな美術品で一足先にお花見を堪能できた。



続いて東京国立博物館140周年特集陳列『博物館の創始者・蜷川式胤の文化財保護』
東博の設立に携わった蜷川式胤の活動を紹介。
湯島聖堂博覧会_120331 壬申検査写真_120331 寺社宝物図集_120331
当時の博物館の様子や資料をうかがい知る事ができて面白い。



特別展や特集陳列以外でいつも楽しみにしてる展示の一つが第19室『近代工芸』
近代工芸1_120331 近代工芸3_120331
近代工芸4_120331 近代工芸2_120331
帝室技芸員のモノや万国博覧会に出品された作品を中心に展示されている。
今回は特に超絶技術とも言える精巧細緻で荘厳な作品が多かった。
癒しではなく、その迫力がズシンと来る美術品。

他にも特集陳列『東京国立博物館コレクションの保存と修理』『酒宴のうつわ』など、総合文化展を一通り観覧。
お腹イッパイになった。



在場時間:約195分



戦い終わって ~神々の黄昏~
秋葉原のブックオフで梅棹忠夫『知的生産の技術』他、教養新書を各¥105で4冊購入。
嬉しい買い物、バリバリ読み進めたい。

〆は学生時代の友人と飲み会。
人の色恋沙汰を聞くのは面白い。自分の事も話せるとイイんだけど (;´∀`)

生中、焼酎ロック、電気ブランロック、都合三杯でフラフラ。
帰りの電車ではなんとも無かったのでヨカッタ。
コレからは二杯くらいにしとこう…
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック