人はなぜ太るのか―肥満を科学する

一応減量中の身。タイトルを見て買わずにはいられなかった。
某古書店チェーンだけど…

世に溢れるダイエット/減量ノウハウの本ではなく、肥満のメカニズムと体への影響、その対策を綴った本。

構成は
・肥満の仕組み
・肥満をはかる
・肥満はなぜ健康に悪いか
・健康的にやせるには?

印象に残ったのは、調査・研究の難しさ。
肥満には様々な要因があるのでハッキリと分からない事が多い。相関関係が認められていても因果関係までは分からなかったり。

それでも、学術調査・論文から多く引用し(出版当時の)新しい知識が分かりやすく書かれている。
BMIや体脂肪率、目安としやすい数値に関しても数値をみる際の注意点だったり、実際の減量に役立つ情報も多い。



ここ半年で6kg強も体重が増えた(泣)
「出来る限り運動をしない」をモットーにやってきたけど、流石にもう無理かな。
やっぱり少し体を動かしてみようと思う。


人はなぜ太るのか―肥満を科学する (岩波新書)人はなぜ太るのか―肥満を科学する (岩波新書)
(2006/12/20)
岡田 正彦

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック