スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品川

品川で人と会うので、その前に博物館を一件。
何気に品川駅で降りるのも初めて。



◆物流博物館
初めての施設。
物流博物館概観_120519
特別展を積極的に開催する施設ではないので、なかなか足を運べなかった。

まずは一階『物流の歴史』
物流の歴史_120519
古くは旧石器時代の黒曜石流通や律令時代の街道整備から始まるんだけど、年表でサックリ紹介。
展示のメインとしては近世以降の物流を紹介。

江戸時代には宿場を設置し馬や人足を常備していた伝馬制が陸上交通制度のメイン。海運では西回り・東回り航路が整備される。
伝馬制は公用中心だったので、承認の荷物は主に河川や海といった舟運を用いたらしい。

江戸時代の写真。
馬1_120519 馬2_120519
かなり揺れそう、酔うんじゃないかな。

明治以降になると駅宿制度が廃止され、問屋場(宿場の馬・人足基地)がそのまま陸運会社に移行。
その陸運会社の中でも“内国通運会社”は現在の日本通運の元となる。
陸上では鉄道、舟運では西洋式帆船や汽船が導入され、スピードアップ。

戦後は鉄道の輸送量が減り、トラックの取り扱い量が増加。
トラックの中でも、特に三輪自動車をとりあげて紹介してた。
三輪自動車_120519
なんか愛嬌のあるシルエットでカワイイな。

面白かったのは昔の荷役・荷造り風景の紹介。
俵やカマス、木箱や竹かごを使った時代。
昔の梱包1_120519 昔の梱包2_120519
レトロモダンと言うか、風合いがいいと言うか、新鮮な感覚。
実際コレで梱包するとなると手間も掛かるし、大変だよな。



地下1階は『現代の物流』
地下二階展示室_120519
映像モニターや模型を多用した展示。

一番目立つのは、陸海空のターミナルが一望できるのジオラマ。
ジオラマ_120519
トラック・鉄道が走るだけでなく、コンテナ積み込みのクレーンまで動く。昼・夜と情景も切り替わるし、よく出来てる。
見入ってしまう。

ゲームなんかも置いてあって、小さい子供はいつまでも居座るんじゃないかな。
ゲーム_120519



在場時間:約100分



お昼に知人と落ち合い、駅でお惣菜を買い込んで公園でランチ。
天気もよくて気持ちイイ。



◆エプソン品川アクアスタジアム
あまり移動せず、駅近プラン。
水族館って凄い久しぶり。何年ぶりだろ。

施設自体はそんなに広くないけど、イルカショーとアシカショーが凄い楽しかった。
イルカ1_120519 イルカ2_120519
アシカ1_120519 アシカ2_120519
(*´ω`*) カワイイ



戦い終わって ~神々の黄昏~
夜呑みでレバ刺し食べた!
レバ刺し_120519
旨かった!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。