駒場と渋谷

◆「自然エネルギーの世界」展
東大駒場博物館は行った事なかったし、特別展が会期末だったので、慌てふためいて行ってきた。

タイトルの通り、自然エネルギー技術・取り組みの紹介展示。
大別すると太陽光、風力、水力、 地熱、波力、バイオマスの六種類。

1階がメイン展示室。

太陽光コーナーは太陽電池の展示・解説。
何種類もあるんだけど、それぞれの特徴を表形式で示してくれると分かりやすかった。
それぞれの解説に文言で書いてあるけど難解で、太陽光コーナーを全部見終われば各イメージが混ざって何があったか分からなくなっちゃう。
複雑な数式やグラフがあると、解説読もうって気を少なからず削がれる…

風力発電コーナーは風車の模型が多めで目を惹く。
風力に合わせて向き、羽の角度、ギア比を変化させる風車の模型があって、コレはよく分かった。
風はただ強ければイイ、ってモノでもないらしい。

波力ってちょっとマイナー分野な感じ、いまいちイメージ湧かない。
波の力で直接水車を回すタイプと、波力で空気を押し出してタービンを回すタイプがあるらしい。
ちょっと理解が深まった。

水力と地熱は展示スペースがかなり少ない。
どうしても大学での研究が盛んな分野が展示ボリューム大きくなるよね。
しかたないのかな。

2階は光触媒の紹介展示。
光が当たると汚れを分解して、水や清掃コストの削減が図れる技術。
全部建材メーカーの技術紹介。
普通のタイルと光触媒タイルを並べるとその差は歴然。大したもんだ。
タイルだけでなく、ガラスや農業の培養液再利用等、他にも用途は色々あるみたい。

見学時間:約55分



◆「和田誠の仕事」展
駒場からの帰りに渋谷を経由するので、たばこと塩の博物館に寄って「和田誠の仕事」展を見てきた。割引クーポンも持ってたし。
デザイナーや芸術家って全然知らないけど、知ってる数少ないイラストレーターが和田誠さん。
本の装丁でしか知らないけど、絵を見ればなんとなく「和田誠だ」って分かるレベル。

映画や舞台のポスター、絵本、本の装丁…
和田誠作品に囲まれていると、なんだか心が和む。

絵の展示だけでなく、映像も上映されていた。
メイキング風景を撮った「和田誠ただいま製作中」
プロの仕事ぶりは何を見ても面白い。
上映時間28分と、結構長いが椅子があるのでなんとか。

和田誠さん、映像や絵の雰囲気からは結構穏やかそうなイメージ。
奥様はあの平野レミさんなんだよなぁ。
どんな会話してるんだろう、ちょっと興味ある(笑)

見学時間:約50分
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック